胡蝶蘭の育て方
トップページ >胡蝶蘭の歴史

胡蝶蘭の歴史もそうですが、ある特定の花がいつ観賞用になったのか、あまり意識したことがないかもしれません。バラしかり、菊しかり。

人々が胡蝶蘭という花の存在を知り、それを観賞用としたのはいつのことでしょうか。

まず胡蝶蘭が発見されたのは、1836年までさかのぼります。原産地は赤道付近、インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、それと台湾南部ですが、原種の分布は中国南部から東南アジア全域、オーストラリアまで幅広く分布しています。

胡蝶蘭の花の形や色は、今よく目にするお祝いの胡蝶蘭のような形、つまり真っ白で大きな花弁の胡蝶蘭は全体の1割という少数派です。胡蝶蘭の原種が約2.5万種類と言われていますから、その数の少なさがお分かりいただけるでしょう。

日本に入ってきたのが明治の末期、いまから100年前くらいで、ほとんどが今見るような「胡蝶蘭」だったので、名前に"蝶"を冠し、まるで蝶がひらひらと舞うがごとく優雅なイメージをまとっていますが、原種の多くはファレノプシス(英語で蛾のような)を意味するように、土留め色をしていたり、グロテスクな模様をしていたりで、いわゆる上品なイメージとは少し離れているものが多いようです。

明治の末期に入ってきた花は、生育環境の整備など進んだことから品種改良が盛んにおこなわれるようになり、白い花や、ピンク、点花、筋花など多彩な胡蝶蘭がすこしづつではあるものの市場に出回り始めます。

もともと生育のむずかしさから高価であり、上流階級の人間のみがその鑑賞を許されていたのですが、時代が進み、温室栽培が定着し始めるようになると一般市民の間にも浸透していきました。

日本で胡蝶蘭を積極的に栽培しようと考える農家は、温室が普及するまでのあいだ増えることはなく、温室栽培における方法と、栽培における負担が軽減されてから浸透したと言われています。

現在では胡蝶蘭の栽培農家は日本全国たくさんあります。しかしその品種によって育て方は多様であり、またお祝いごとの種類によっても生産する花の形や大きさが違ってくるので、そのニーズに合わせた花の生産が各所で行われています。

また花を咲かせるタイミングも、そのお祝いごとに合わせなくてはならないため、花の咲く時期をずらし、どの時期でも常に出荷できるような状態で生産する生産者が多いようです。